プラセンタ注射

自律神経やホルモンバランスを調整、免疫・抵抗力を高める等、さまざまな薬理作用を持っていると考えられています。抗脂肪肝作用があり、肝臓・心臓などの酵素系の活性を高めて新陳代謝を促進します。
プラセンタはヒトの胎盤に含まれる有効成分を抽出したもので、更年期障害のホットフラッシュの改善、抗アレルギー作用・抗炎症作用による花粉症・アトピー性皮膚炎・リウマチなどの関節炎による諸症状の改善、新陳代謝の促進・抗酸化作用による美肌効果など、さまざまな効果が期待できます。
当院では、医薬品として精製されたプラセンタを注射により投与いたします。これによって経口薬のように胃で消化・分解されることなく確実に体内に有効成分を取り込むことができます。
2種類の製剤があり以下のような相違があります。

【筋肉注射用製剤】
慢性肝炎に対しての健康保険適用を持っており、1974年の発売から今日まで医療現場で慢性肝炎の治療薬としても使用されている効果の確かな医薬品です。慢性肝炎の方は保険適応になりますが、保険適用の治療の場合は初診時に採血検査をさせていただきますのでご了承ください。そのほかの方も自費で接種できます。週3日程度、1回1〜2アンプルの注射が可能です。

【皮下注射用製剤】
更年期障害(概ね40歳〜59歳の女性が対象)に対して保険適用で治療できます。保険適用の治療の場合は初診時に採血検査をさせていただきますのでご了承ください。自費扱いの場合は手順・費用共に自費の筋肉注射用製剤と同様でが、こちらは保険適応での1回の接種量が1Aに制限されます

費用(肝炎および更年期障害の保険適応以外は自費治療となり費用は以下の通りです)
初回   :\2,320(問診と診察を含む)
2回目以降:\1,240(1回で2本の場合は2,140円)

効果:アンチエイジング、抗アレルギー作用、更年期障害の諸症状の改善