診療科目

総合診療
専門医療の狭間で行き場を失う患者さんに真の総合診療を〜
家庭医としてのプライマリ・ケア(身近にある総合的な医療)を担います。その役割を分解すると、内科・外科・心療内科になると考えております。
当院では、地域の中核病院と身近な診療所の外来機能の格差に着目し、気軽に通院できる診療所でありながら充実した検査・診療体制を整え、地域の皆様の健康管理と病変の早期診断に積極的に貢献したいと考えております。また、慢性的なめまい・耳鳴り・頭痛・動悸・しびれ・冷え・ほてり・腹痛など、専門医療を受けたけど良くならない場合や「直らない」と言われてお困りの場合などは、総合診療科的アプローチが必要かつ奏功する場合がありますので是非ともご相談ください。漢方薬治療も取り入れております。
・在宅医療
訪問診療(往診)を一部行っております。ご希望の方は対応可能か検討させていただきますのでご相談ください。訪問診療(施設出張も可能)による胃ろう(PEG)交換にも対応しております。
 ・内科
身体不調や検査異常の原因を明らかにし、初期対処と維持管理を行います。高血圧症,脂質異常症(コレステロールや中性脂肪),糖尿病など慢性疾患の管理や予防医学にも積極的に取り組み、地域のみなさんのヘルスケアに貢献したいと考えておます。高尿酸血症(痛風)や慢性関節リウマチなどのご相談にもお答えします。また、咳や痰が慢性的に続く方には、呼吸機能検査やアレルギー検査を始め、必要に応じて喀痰検査や胸部CTにて精査しております。COPD等の慢性呼吸不全の評価・管理・治療を行いながら、必要に応じて在宅酸素療法の導入管理も行っています。睡眠時無呼吸症候群(SAS)の簡易検査およびCPAP療法の導入にも対応しております。
・高血圧,脂質異常症,高尿酸血症(痛風),慢性心不全
・糖尿病(インスリン治療の導入・管理も可),甲状腺疾患
・花粉症,アレルギー性鼻炎
・気管支喘息,COPD(呼吸機能検査対応),在宅酸素療法の導入管理
・睡眠時無呼吸症候群(SAS)の簡易検査およびCPAP療法の導入管理
・慢性関節リウマチ
注)高血圧,脂質異常症,高尿酸血症(痛風),腎臓病,糖尿病等の初診時
  尿検査が必要な場合がありますので受診直前に排尿を済ませないようお願いいたします
 ・外科
診療所がプライマリ・ケアとして行う外科は、日常的なケガや慢性疼痛対処が主になります。
急性期では軽度の外傷や熱傷、打撲傷などを対象とします。慢性期では膝や腰の痛みなど、ペインクリニックの手技を取り入れた除痛治療もお任せください。変形性膝関節症やいわゆる五十肩に対する関節注射、腰痛や頚部痛に対するブロック注射にも対応しています。
 ・心療内科
   〜
  神経内科領域

注)初回は予約制
心身症やメンタル不調、不眠症などを対象とします。当診療所の特性上、総合診療の範囲内での対応となりますので、対処困難例や重症例は専門医をご紹介させていただきます。なお、院長は現在の主要抗うつ剤であるSSRIに関連した研究で博士号を取得しておりますので、精神科領域のお薬についてもご相談下さい。
・心身症,急性ストレス反応など
・うつ病,うつ状態,双極性障害などの気分障害(軽症例までの対応)
・不安症(全般性不安障害,社会不安障害,パニック障害),強迫性障害,PTSDなど
レストレスレッグス(むずむず脚症候群)
・不眠症,睡眠障害
・パーキンソン病,てんかん
認知症(物忘れ外来)については下に別記しております。
※診断,薬物治療が主体で、一般診療所の性格上カウンセリングや生活相談などには対応できません
腎臓内科
これまで透析医療へ関わってきた経験を生かし、CKD(慢性腎臓病)の維持管理を積極的に行います。CKD-MBDと呼ばれる腎不全に伴う骨代謝異常(骨粗鬆症の進行)や腎性貧血の予防管理を行いながら、食事指導や生活改善の提案などにより、透析導入を可能な限り回避することを目指します。健診等で「クレアチニン」高値や「たんぱく尿」を指摘された方はまずはご相談下さい。慢性の腎障害は基本的に悪化の一方通行で機能回復は望めません。したがってできるだけ良い状態のうちに進行を食い止めることが重要です。特に糖尿病(糖尿病性腎症)や高血圧症(腎硬化症)の方は早期の対処が重要ですので、是非当院にご相談下さい。
注)初診時に原則として検尿を行います
  受診直前に排尿を済ませないようお願いいたします
注)健診等でたんぱく尿のみを指摘された方の再検査・精査目的の場合
  早朝尿による検尿の再検査が必要になりますので事前にお問い合わせください。
禁煙外来

注)初回は予約制
たばこは癌や血管障害(心筋梗塞・脳卒中など)を招く大きなリスクファクターです。ニコチン中毒は嗜好の問題ではなく依存症という病気であり治療(健康保険適用)が必要です。やめたいと少しでもお思いであれば、是非ご相談ください。職員一同、全力で支援いたします。呼吸機能検査による肺年齢測定やCOPD(慢性閉塞性肺疾患)のスクリーニング、COチェッカーによる客観的な禁煙の効果評価、さらには肺癌のリスクと向き合い、喀痰細胞診や胸部CT等による評価も行えます。初回は予約診療となりますので電話にてお問い合わせ下さい。
 注)健康保険による禁煙治療を受けるためには、1日平均喫煙本数×喫煙年数が200以上であることが要件(例えば1日20本×10年=200)となっておりますので、保険の適否につきましては電話でご相談下さい。
 専用ページは→こちら
認知症外来
 (物忘れ外来)

注)初回は予約制
CTを持つ当院では、脳の画像診断も含めた総合的な認知機能診療が可能です。アルツハイマー型認知症の診断の際に鑑別を要する多発脳梗塞や慢性硬膜下血腫などは、CTスキャンによる画像診断がきわめて有用です。また、診断の難しい高齢者のパーキンソン病,うつ病,認知症の鑑別など、高齢者医療に関する経験も豊富です。認知症は早期発見・早期治療が重要ですので「おかしい」と感じたら早めにご相談下さい。また、進行した認知症によりさまざまな周辺症状(精神症状など)にお困りに場合も是非ご相談下さい。
・アルツハイマー型認知症(AD)
・認知症を伴うパーキンソン病(PDD)
・認知症と紛らわしいうつ病
・血管性認知症(VaD)
・レビー小体型認知症(DLB))
・前頭側頭型認知症(FTD)
 専用ページは→こちら
CTスキャン
16列マルチスライスCTの導入により、詳細な断層撮影がきわめて高速に得られ、一般診療所の領域を超えた診断能力を発揮します。認知症の診断や肺癌・慢性気管支炎・肺気腫など呼吸器病変の診断、腎臓の形態学的評価などに加え、必要があれば専門読影医との連携により、腹部や婦人科系疾患に対しても、翌営業日には詳細なレポートを得られる体勢も整っております。肺がんの2次検診にも対応しております。